DB/R/統計/データサイエンス/投資話についてつらつらと

世のため自分のためのアウトプット

Oracle Trouble Shooting 解説記事

【Oracle DB】ASM上でのパスワードファイルの作成【pwcreate ORA-16191】

更新日:

DB構築時にパスワードファイルのASM上での配置で詰まったので、備忘録を残しておきます。

ASM上でのパスワードファイルの作り方

ASM上へパスワードファイルを作成するにはorapwdとpwcreateの二つのコマンドがあります。

orapwd

ASM上でなくても使用できるパスワードファイル作成コマンドです。
構文は以下の通りです。

orapwd FILE=filename [ENTRIES=numusers] [FORCE={y|n}] [ASM={y|n}]
[DBUNIQUENAME=dbname] [FORMAT={12|legacy}] [SYSBACKUP={y|n}] [SYSDG={y|n}]
[SYSKM={y|n}] [DELETE={y|n}] [INPUT_FILE=input-fname]

詳細は以下も確認ください。

【Oracle? Database管理者ガイド 12cリリース1 (12.1) 】
1.7.1 ORAPWD構文およびコマンドライン引数の説明
https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/ADMIN/dba.htm#GUID-1333CAF4-BA95-4C01-BC61-BB3949FF965F

ASM上へ作成するときはasm=yを指定するか、dbuniquenameを指定する必要があります。
以下に例文を示します。

orapwd file='+DATA/[DB_UNIQUENAME]' asm=y

pwcreate

こちらはasmcmdで使用するコマンドです。
構文は以下の通りです。

pwcreate { --asm |--dbuniquename string } file_path sys_password

以下に例文を示します。

pwcreate --dbuniquename [ORACLE_SID] '+DATA/[DB_UNIQUENAME]' 'PASSWORD'

OMF環境下でのエイリアスの作成有無について

OMF(Oracle Managed Files)を有効にしていると、パスワード作成時に
自動的にエイリアスが自動的に作成されます。

エイリアスのでき方を以下にまとめました。
※環境や設定によって異なる場合があります。

  • orapwd file='+DATA/[DB_UNIQUENAME]' asm=y
    • +DATA/[DB_UNIQUENAME]'というエイリアスができ、+DATA/ASMに実ファイルができる
  • orapwd file='+DATA/[DB_UNIQUENAME]' asm=y dbuniquename='[DB_UNIQUENAME]'
    • #asmとdbuniquenameは同時指定不可
  • orapwd file='+DATA/[DB_UNIQUENAME]' dbuniquename='[DB_UNIQUENAME]'
    • +DATA/[DB_UNIQUENAME]'にエイリアスと実ファイルができる
  • pwcreate --dbuniquename [ORACLE_SID] '+DATA/[DB_UNIQUENAME]' 'PASSWORD'
    • +DATA/[DB_UNIQUENAME]'にエイリアスと実ファイルができる(③と同じ)

DataGuard環境で、ログ転送時にORA-16191発生時の原因と対処法

PWを間違えている。

スタンバイ、もしくはプライマリ側でPWが異なっている場合に発生します。
両環境で想定のPWでログインできるか確認してください。

パスワードが同じでも失敗する場合

orapwdでPWファイルを作成した際は、一度パスワードファイルを削除したうえで、ignorecase=Yを指定してください。
以下のようになります。
※ignoreecase=Yは、パスワードの大文字小文字を無視する設定になります。

orapwd file='+DATA/[DB_UNIQUENAME]' dbuniquename='[DB_UNIQUENAME]' ignoreecase=Y

-Oracle, Trouble Shooting, 解説記事

Copyright© 世のため自分のためのアウトプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.