DB/R/統計/データサイエンス/投資話についてつらつらと

世のため自分のためのアウトプット

R Trouble Shooting 解説記事

【RStudio】editコマンドやRcmdrのinstallが実行できない時の原因と対処法 (X11 library is missing: install XQuartz from xquartz.macosforge.org)

投稿日:

特定のコマンドを実行したり、Rコマンダー(Rcmdr)ライブラリーをinstallしようとすると、以下のエラーが出力されました。

> score <- edit(scores)
check_for_XQuartz() でエラー:
X11 library is missing: install XQuartz from xquartz.macosforge.org

対処法について調べたので、ご紹介します。

~目次~

1. 実行できない原因

2. 対処方法

1. 実行できない原因

原因は、エラー出力にもあるとおり、XQuartzがインストールされていないためです。

> score <- edit(scores)
check_for_XQuartz() でエラー:
X11 library is missing: install XQuartz from xquartz.macosforge.org

XQuartzは、RでRcmdr等を使用するする際にはMacでは必要な作業となります。
手順は以下でご説明します。

Rコマンダーとは

Rコマンダー(Rcmdr)とは、Rのための基本的なGUI(Graphical User Interface)パッケージとなります。

 

2. 対処方法

対処方法はXQuartzの実行です。手順は以下になります。

XQuartzインストーラのダウンロード

以下のサイトからダウンロードします。

XQuartz

ちなみに、この記事投稿時点で最新版は以下となっています。

version:2.7.11
Released:2016-10-29

XQuartzのインストール

ダウンロード後、インストーラを起動するとインストールできます。

基本的に"続ける"を選択していけば問題なくインストールできます。

XQuartzの起動

インストールが完了したらXQuartzを起動しましょう。

起動後に再度editコマンドを実行すると無事実行できました。


場合によっては、以下のエラーが出力される場合があります。
この場合は、RStudioを再起動すると解決します。

> score <- edit(scores)
.External2(C_dataentry, datalist, modes) でエラー:
unable to start data editor
追加情報: 警告メッセージ:
edit.data.frame(scores) で: unable to open display

以上になります。

-R, Trouble Shooting, 解説記事

Copyright© 世のため自分のためのアウトプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.